ボランティア活動事業

現在社協には、ボランティアセンターは設置しておりませんが、ボランティアセンター的機能を果たし活動を推進して参ります。

●ボランティア活動あれこれ
 ボランティアとは、語源をたどると、ラテン語の「ボランタス 自由意思」、フランス語の「ボランティ 喜びの精神」、英語の名詞では「ボランティア 志願兵」、動詞では「自発的に申し出る」という意味で訳されています。
ボランティア活動の主な4原則
@自主性・主体性・・・他から強制されたり、義務としてするのではなく、個人の自由意思で行う活動です。
A社会性・連帯性・・・だれもがいきかいきと豊かにくらしていけるように、支えあい学びあう活動です。
B無償性・無給性・非営利性・・・経済的な報酬を求める活動ではありません。お金では得られない出会いや発見、感動や喜びを得る活動です。
C創造性・先駆性・開拓性・・・今、社会で何が必要とされているのかを常に考えながら、さまざまな視点から活動を見直し進めていくことが大切で、よりよい社会を自分たちで創る活動です。

ボランティア活動の種類
・地域(身近)でできる活動・・・近所のお年寄りや障害者の方などへの訪問活動等、身近な活動など
・社会福祉施設での活動・・・お話相手や簡単な身の回りのお世話、レクリエーションの介助など
・自然保護、環境保全の活動・・・地域のゴミ拾い、花一杯運動など
・特技・技術・資格・趣味などをいかした活動・・・パソコン教室、青少年への野球、サッカーなどスポーツ指導
・収集活動・・・アルミ缶、使用済み切手、書き損じハガキの収集など
・募金・寄付金活動など・・・赤い羽根募金、緑の募金、ユニセフ募金24時間チャリティーなど

活動のかたち
・ボランティアグループでの活動
・個人ボランティア
・目的ボランティア

自分にあった活動を実践することが、良いでしょう。
社協では、ボランティア団体・個人に対してボランティア保険を加入しています。
※ただし、社協に登録をされないと保険を掛けることができません。